第7話 魔王陛下

 十兵衛は軽い足音を立てて、インド南部の小さな村の、人気のない空き地に降り立つ。
 広大なインドの地ではあるが、十兵衛の身体ひとつあれば縦断するのに六時間も掛からない。
 十兵衛はそっと大通りに出る。大きな観光地もないこの村で、明らかに余所者である十兵衛の小奇麗な姿は目立っていたが、彼は構わず歩き続ける。
 目指したのは、村の外れの小さな家。
 十兵衛は通行人に、とりあえず補助公用語の英語で話しかける。
「すみません。こちら、ミーナ先生のご実家ですか?」
 何とか通じたらしく、通行人は肯定する。
「でも、ミーナちゃんは大学に行ったっきり、ここへは帰ってきていないわ。ここにいるのはミーナちゃんのお父さんのお母さんだけよ」
 十兵衛は礼を言って、そっと家の中を覗き込む。
 出掛けているのか、人の気配はなかった。
「Tuma kauna hō(誰だ)!?」
 嗄れた声に驚きながら振り返る。
 十兵衛より少し小柄な、背中に荷物を抱えている襤褸を着た老婆が、敵意を剥き出しにして彼を睨みつけていた。
「はじめまして。ミーナさんのお祖母さんですか?」
 十兵衛が一礼して英語で訊ねる。
 ミーナ、という名前に老婆の眉がぴくりと跳ね上がる。
「お前、ミーナのことをどうして知っている?」
 老婆は、十兵衛にとっては意外だったが、流暢な英語で問い返してきた。
 十兵衛は敵意のないことを表すように微笑みながら告げる。
「ミーナさんがアニル・アルシャド研究所で行っている研究について、お訊ねしたいことがあります。お話を聞かせて頂けませんか?」
 老婆は険しい表情をしていたが、すぐに「入れ」と十兵衛を家の中に引き入れた。
「ミーナのことをどうして知っている?」
 老婆は荷物を下ろして、十兵衛に背を向けたまま、小さな棚の抽斗を開ける。
 十兵衛は微笑みを絶やさず、答える。
「ミーナさんが行っている研究に興味があって、調べていたんです。ご実家とは連絡を絶っていたご様子でしたが、一度だけ、あなたが急病で倒れたときにミーナさんから医療費が送金されましたね? そこからここを割り出しました」
 十兵衛はなんでもないように答えるが、すべて聖に頼んで調べてもらってようやくたどり着いた情報である。
 老婆は「はぁ」と溜め息を吐く。「まったく、この婆はあの子の足を引っ張ってばかりだね」
「教えてください。ミーナさんはなにをしようとしているのか」
 十兵衛は一歩踏み出す。
 それと同時に、老婆が素早く振り返る。
 しわくちゃの手に、古びた拳銃が握られていた。
「誰にもあの子の邪魔はさせない。あの研究所のゴミ共も、この国も、私たちの敵だ」
 十兵衛は拳銃を向けられているにもかかわらず、冷静に思考する。
「ミーナさんは復讐のために研究所にいる。そしてあなたは研究所の人たちのことを『私たちの敵』だと言う。……誰の復讐か? おそらく、家族。……なるほど、ミーナさんのお父様、あなたの息子さんのための復讐……ですね?」
 老婆の目が見開かれる。
 沈黙が肯定を表していた。
 老婆は声を震わせながら訊ねる。
「何者だ、お前は」
「ああ、自己紹介がまだでしたね。失礼しました」
 十兵衛は微笑んでいた。
「異能者集団〈ノアの箱舟〉団員、高辻十兵衛。……魔王陛下の、騎士です」

   ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃

 研究所が慌ただしい。
 桜は敏感にそれを感じ取って、警戒しながら、しかし怪しまれないよう堂々とした足取りで廊下を進む。
 研究所の奥の日影部屋に向かい、とりあえず戸を引いてみるが開く気配がない。ひとつ溜め息を吐いて、白衣のポケットから銀色の鍵を取り出す。
 鍵を半回転させると、がちゃりという音とともにあっさりと開いた。
 抵抗のなくなったドアを引き開けると、艶のない黒髪が目に入る。
「ミーナ、なに無茶してるの? 寝てないでしょ」
 すべてを拒絶している背中に、桜は臆することなく話しかける。
 しばらく無視を決め込んでいたミーナであったが、桜が立ち去る気配を見せないので、仕方がなく振り返る。
「サクラ。鍵なんてどこで手に入れたの?」
「ウチには有能な裏方がいてね。そいつに頼んで作ってもらった」
 桜はなんでもないことのようにそう言った。有能な裏方・聖がかなり苦労をしたことは舞台裏の出来事なので表には出さない。
 ミーナは射抜くような目で桜を見ていた。
「帰って。あたしにはやることがあるの。いい加減にしないとアニル所長に言いつけて、アンタをここから追い出してやることもできるのよ」
「それは困るけど、ミーナの本当の目的を知ったら、アニル所長だって放っては置かないでしょ?」
 ミーナの片眉がぴくりと動く。「本当の目的?」
「復讐。するんでしょ?」
 夕飯のメニューを答えるかのようにあっさりと言い放った桜の言葉に、ミーナの目が見開かれる。唇が乾く。言葉が震えるのを抑えられない。
「……じゃあ、どうするの? 止めにきたの? アンタと何の関係があるの? 放っておいてよ!」
「いや、復讐なんて物騒なこと聞いちゃったら赤の他人でもなんとかしなきゃって思うでしょ」
 動揺するミーナに対して、桜はどこまでも冷静に見えた。
「ねえ、ミーナ。復讐なんて終わりの見えない、不毛なものよ。あなたが復讐を果たしても、なにも元通りにはならない。新しい憎しみが生まれるだけ。あなたはその憎しみを一生受け続けるのよ、堪えられる? ミーナがなにしようとしてるのか、アタシは頭悪いからわかんないけど、とにかく冷静になって」
「お決まりの台詞ね。安心して。あたしもそこまでバカじゃあないわ」
 ぎろり、とミーナの視線の鋭さが増す。
 桜はただ立っていた。
「あたしはすべてをなかったことにする。新しい憎しみも、良心の呵責もない、まっさらにしてみせる。十六年もかかったのよ。今さら止められるものですか」
「まっさらに?」
 桜が眉間に皺を寄せる。「それってつまり……」
「あたしはこの研究所を、その次に、この国を破壊した上で死んでやる」
 ミーナは薄く笑いながら言った。その目は敵を射殺さんとするばかりに鋭く、桜に突き刺さる。
 桜は表情を変えずに訊ねた。
「やめないのね?」
「そうよ。どうする? ここであたしを殺してでも止める?」
 ミーナは小銃を忍び込ませている、デスクの一番上の引き出しに目をやる。
 しかし、「それはないわ」と、桜があっさりと首を横に振ったので、ミーナは一瞬混乱した。
 桜はふうと肩を落として、続ける。
「いや、ウチの魔王陛下はさ、誰のどんな意思であっても尊重しちゃうのよね。たとえテロリストであっても、魔王陛下は説得に応じなければ好きなようにさせちゃうの」
「……?」
 ミーナが訝しげに眉根を寄せる。
 桜は「ぴしっ」と指を突きつけて、ミーナに宣言する。
「要するに、『言って解らない奴には身体で教えてやる』ってこと! だから、あなたはあなたの思うようにすればいい。それが世界征服だろうが人類殲滅だろうが、好きなようにすればいい。でも、アタシ達は真っ向からそれを阻止する。頭の悪いやり方だってわかってるけど、それが、アタシが尊重する魔王陛下の意思よ。あなたが諦めるまでアタシ達はお相手するわ。そのことをわかった上で復讐でもなんでもやることね。言っとくけど、ウチの魔王陛下はバカがつくくらいの超頑固者なんだから」
 言いたいことは言い終わったと、桜はミーナに背を向ける。
 ミーナがその背中に「待って」と声をかける。
「アンタ達、一体なんなの……?」
 ミーナの目に、初めて不安の色が浮かんだ。
「そう言えば、ちゃんとした挨拶はしてなかったわね」
 振り返った桜は蠱惑的な微笑みを浮かべていた。
「異能者集団〈ノアの箱舟〉が一員、烏丸桜。すべてを喰い殺す〈魔獣〉よ」

   ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃

 アンジュはふわふわとした浮遊感に気づいて目を開く。
 そこはなにもない、真っ暗なのに明るい世界だった。
「また、幽体離脱……?」
 アンジュは首を傾げる。幽体離脱したとしても、このような世界に来たことはなかった。
 すると、目の前の空間にスポットライトがあてられる。そこには小さなテーブルと、その上になにかが置いてあった。
 突然のことに、びくり、と一歩後ずさったアンジュだったが、なにかあるのだろうかと徐々に好奇心が沸いてきて、そっと近付く。
 テーブルの上にあったのは、一枚のフロッピーディスクだった。
「なにこれ? 今どきフロッピー?」
 手を伸ばそうとするが、触れようとした瞬間、電流が走ったかの様な刺激が伝わり、反射的に手を引っ込める。
「なんなの、こんなに見せびらかして」
 頬を膨らませて不満を表現するが、そこにはアンジュ以外誰もいないので、彼女を宥めてくれる声はなかった。
 アンジュはテーブルから離れて、辺りを見回す。
 すると、今度はテーブルとは反対側の空間にスポットライトがあてられる。
 今度も好奇心に導かれてそちらに向かうと、そこにあったのはミーナの研究室などでよく見るデスクとパソコンだった。
 デスクの上には封筒が一通。
 液晶画面に『本人確認』の文字が浮かんでいる。
 アンジュが恐る恐る手を伸ばすと、今度は弾かれることもなく、パソコンの画面に触れることができた。
 ピピッという音が響き、画面が『確認完了』の文字に切り替わる。
 デスクトップにあるのは、ファイルが一つだけ。
 アンジュの指先が震えた。
「怖いか?」
 ファイルを開こうか否か迷っていると、後ろから声をかけられた。
 アンジュが勢いよく振り返る。勢いがつきすぎてひっくり返りそうになったが、デスクに手をかける形で転倒は免れた。
 長く、艶のある黒髪に、仄かに緋色に輝く金色の瞳。そこには、黒衣の美しい青年が悠然と立っていた。その圧倒的な存在感に、今まで気づかなかったことが不思議に思われた。
 青年は無表情のまま、声を出さなければまるで人形のようだった。
「そのファイルを開くのが、怖いか?」
 人形のようだと思ったその青年は、人形ではないことを示すかのように口を開く。アンジュは、どこかで聞いた声だと思い、頭の中を検索する。
 アンジュは、とりあえず敵意はなさそうなので、その青年の問いに答える。
「なんか、知らなくちゃいけないことが記されている気がするの。でも、それを知ったらすべてがなくなっちゃうような気がして……」
「そうか」
 淡々とした返事に、この青年はなにかを知っているのではないかという、淡い期待を抱いてアンジュは問い返す。
「あなたはこれが何のファイルなのか、知っているの?」
「部分的には、知っている」
「誰が作ったファイルなの?」
「貴女ではない貴女たちだ」
 アンジュは首を傾げる。まどろっこしいことを言う青年だと思った。
 青年は淡々と続ける。
「貴女ではない貴女たちは、ある時、自分の運命に気づいた。そしてそれに抗おうとした。しかしそれは叶わなかった。ただし、前の貴女は保険をかけた。そのファイルの他に、この魔王と約束を交わして、次の貴女に託したのだ。だからオレは、ここに馳せ参じた」
「……」
 なにかを忘れている。そしてそれを思い出さなければならない。
 なにか大切なものがあった。それを守るために彼に力を請うた。
 そこまでわかっていて、なお、ファイルを開くのは躊躇われた。
「怖いの。このファイルを開いたら、なにかが壊れてしまうような気がするの」
「……」
 青年はなにも言わない。ただ黙って聞いていた。
 アンジュはぽつりぽつりと言葉を零す。
「前のわたし達って、何のことなの? わたしはわたしでしょ? わたしはわたしじゃないの?」
 アンジュは混乱していた。自分の頭の中に渦巻くなにかと、目の前の青年の言葉が絡み合って、どうにかなってしまいそうだった。自分に言い聞かせるように呟く。
「わたしはアンジュ。西暦二〇〇〇年十二月二十五日生まれ。アニル・アルシャド研究所の実験参加者。ベナレスの出身で、十人家族で、末っ子。好きなものはクッキーと、パフェと、綺麗なものと、それから……」
「アンジュ」
 段々と早口になっていくアンジュに、青年は声をかける。
 アンジュは顔を上げて訊ねる。
「ね? わたしはわたしでしょ?」
 アンジュは期待するようにそう訊ねた。
 否定されるかもしれないという微かな不安を取り払うかの様に、青年は頷いた。
「貴女は貴女だ。ただし、貴女の背後には五人の貴女の魂がある」
「五人のわたし……?」
「すべては彼女達の記したそのファイルに記されている。……それでも、ファイルを開くのは怖いか?」
 アンジュは少し考えた後、静かに頷く。そして青年に問いかけた。
「一つ、聞いてもいい?」
「なんだ?」
「前のわたし達は、なにと戦っていたの? 何のために、あなたと約束をしたの?」
 青年は首を振る。
「何と戦っていたのか、本当のところ、オレにもわからない。ただ、助けて欲しいと頼まれた。……答えられなくて済まない」
「えっと、そうなの? いや別に、前の、わたし?の方こそ変なお願いしちゃったみたいで……」
「ただ、これだけは言える」
 青年はアンジュを見据えて口を開いた。
「誰かが戦うのは、何かを守るためだ。前の貴女達は、何かを守ろうとして、それを貴女に託した。それはきっと、貴女達にとってそれが大切だったからだ」
 アンジュは、はっと息を呑む。その瞬間に、ぐるぐると回っていた頭は綺麗にリセットされた。
「大切なものを守るために、このファイルがあるのね」
 アンジュは両手の拳を握りしめて画面と対峙した。
 怖くないと言えば、嘘になる。
 しかし、このままでは大切なものを失ってしまうかもしれない。知ってしまった以上、知らなかったことにはできない。知ってしまったことを知らなかったことにした結果なにかを失ってしまったら、そのことを嘆く資格すらないのだ。
 これはすでに、アンジュの問題。
「ねえ、お兄さん」
 アンジュは、彼の声から青年の正体にようやく思い当たり、小さく微笑んで振り返る。
「約束したって言うけど、わたし、まだあなたの本当の名前、知らないわ。まさかフック船長なんて呼ぶわけにはいかないでしょ?」
 青年はそっとアンジュに近付いて、無表情に答えた。
「オレは異能者集団〈ノアの箱舟〉が一人、四条理仁。……〈魔王陛下〉と呼ばれている」
 アンジュは微笑んで「じゃあ、魔王さま」と呼びかける。
「わたしと一緒にこのファイルを見て。そして、わたしの大切なものを守るのに力を貸して」
「承知した」
 アンジュは隣に理仁が立ったのを見て、静かに画面に手を伸ばした。
 その瞬間、濁流のように、様々な景色が目の前に飛び込んできた。

タイトルとURLをコピーしました