忘却のニュンフェの正歌劇

忘却のニュンフェの正歌劇

エピローグ お別れ

 ほたるに潜ませておいた分身が発動した。 いつかはこうなるとわかっていたから、きっと冷静に受け止められると思っていたけれど、そんなのは無理な話だった。理仁はかつて覚えがないくらい動揺していた。 拘束されるのは構わない。ただ、ずっと続くと思...
忘却のニュンフェの正歌劇

第17話 嵐

 ひょっとしなくても、自分が複数の敵を相手取るなんて無謀な判断だったのではないか。常時携帯している血液製剤をぐしゃりと奥歯で噛み潰したら、もちろん味の考慮なんてされていない錠剤の吐き捨てたいくらいの苦みで口の中がいっぱいになる。 急いで血...
忘却のニュンフェの正歌劇

第16話 彼ら

 劈くような破裂音とともにエデンは走る。 足元は悪いが大した問題ではなくて、それよりもずっと拘束されていたほたるのほうがよっぽど苦しかったに違いなかった。距離を詰めても古賀はまだ身体を再構成するには至っておらず、弾き飛ばされたほたるを抱え...
忘却のニュンフェの正歌劇

第15話 この手で守れるものなんて

 さて、背後には神妙な雰囲気のエデン、前方にはほたるを抱えて逃走しようとする古賀がいるわけであるが。(マモル、またいきなり出てきて……)『だってー!』(せめて前置きしてくれよ…… 言いたいこと言ったらすぐ俺に丸投げなんだから……)『それは...
忘却のニュンフェの正歌劇

第14話 強い?

 ああ、保釈なんて望んでなかったのに。どうしてこうなってしまったのか。 昔からそうだ、別に欲しくもないものばかり集まってきて結局碌な目に合わない。 盗みに手を出したのだって、親友だと思って保証人になった男が雲隠れしてしまったからで、まあ自...
忘却のニュンフェの正歌劇

第13話 保護

(あれ、なんだろう、この…… 懐かしい匂い……) 薄く目を開ける。そこに飛び込んできたのは、     薄汚れたスニーカー。    「うぉぉぉぉぉお⁉」「よし、起きた」「山本、おはよ」 スニーカーの向こうには亨と村上...
忘却のニュンフェの正歌劇

第12話 約束

 亨の視界にどこかで見た粘性のなにかが映ったのと同時に、頭の中の相棒が『トオル!』と鋭く叫んだ。それに答える前に体が動く。 突然走るスピードを早めた亨に驚きながらも、美鈴もすぐに追いついて「なにかあった?」と短く訊ねる。亨はエデンの視界と...
忘却のニュンフェの正歌劇

第11話 イヤホンジャック

 ほたるとともに行った山本平蔵が嗅覚強化の異能者であることは、あまりクラスメートと関わることのない美鈴もどこかで聞いて知っていた。エレメンタリー入学時から同じクラスなのだから、それぞれの異能がどんなものかなんて本人に聞かなくてもいずれ知れ...
忘却のニュンフェの正歌劇

第10話 登頂

 山と言っても県境をまたぐわけではなく、都心から少し離れた地域の憩いの場で、亨も中学までに何度か母や妹と遊びに来た場所だった。けれど、小学校入学から寮で暮らしてきたほたるは名前しか知らないと言った。だから、亨に案内できてほたるたちにも楽し...
忘却のニュンフェの正歌劇

第9話 隙間時間

 中央線に揺られること早三〇分、つまりはほたるの「隙間時間で暗記タイム」はスタートから三〇分が経過していた。単語帳の二五〇番から三〇〇番までが今回の目標だったが、亨は例文にちょくちょく登場するジェシカとヘンリーとアンの三角関係の方が気にな...
タイトルとURLをコピーしました